★健全で幸福な社会★

書きたいことをとにかく書いていきます。

【ポケモンGO】シンオウ地方のポケモンが10月17日から登場!~何から捕まえればいい?~

どうも、NSTです。

 

今週の月曜日にエスパーウィークが終わってしまいました。

 

残念ながらスリープの色違いはゲットできませんでしたが、昨日(10月17日)からシンオウ地方ポケモンが実装され、一気に明るい気持ちになりましたよ。


headlines.yahoo.co.jp

 

朝起きてポケモンGOを起動した瞬間、近くにいるポケモンの表示がシルエットだらけになり、ワクワクしながら仕事に向かえる良い一日でした。

 

昨日の取れ高はナエトルヒコザルポッチャマコロボーシムックルミミロルビッパというポケモン達でした。

 

初めて見るポケモンばかりで、童心に帰った気持ちです。

 

実装された第四世代は御三家と序盤で使えるポケモンだけらしい(タマゴは不明です)のですが、今のうちから多く捕まえておきたいであろうポケモンを調べてみました。

 

 

ヒコザル

f:id:nst_happy_social:20181017194959p:plain

最終進化系のゴウカザルは「ほのお」と「かくとう」の2タイプを有するポケモンです。

 

第三世代のバシャーモとタイプが被りますが、原作では第四世代登場時はゴウカザルの方が高い評価を受けていたようですので、ポケモンGOでも活躍を期待できるのではないでしょうか。

 

バシャーモと同様にフェアリータイプの技を「ほのお」タイプで軽減できるのも「かくとう」タイプのポケモンとして有難いところです。

 

ただし、原作で評価されたのは、ポケモンGOでは設定されていない「すばやさ」があってこそのものらしいので、必ずしもバシャーモの上位互換とはなりえない可能性があります。

 

ムックル

f:id:nst_happy_social:20181017195240p:plain

初代でいうポッポの立ち位置になるポケモンです。

 

しかしながら、最終進化系のムクホークは「こうげき」の値が高く、見た目もカッコ良いことから大変人気のあるポケモンのようです。

 

ポケモンGOでは優秀な「ひこうタイプ」が多くないことから活躍が期待できると考えています。

 

交換機能が実装されたこともあり、個体値は低いけどCPが高いポケモンや、今までだったら「鍛えるほどの個体値ではなかったポケモンもフレンドとの交換で大化けする可能性を考えると、今までよりもボックスが圧迫されてしまうかもしれませんね。

 

既にポケモンボックスの上限もアップデートされるという情報が公開されていますが、ナイアンテックは商売が大変上手だなぁ、と感じております。

 

今週の日曜日はダンバルが沢山発生するコミュニティディも開催予定です。

開催時間中に進化させると「コメットパンチ」を覚えるそうですので、是非皆さんダンバルを捕まえに外出しましょう。経済効果UPにもつながりますね。

 

とりあえず、今日はここまで。

<真・女神転生_part13>ガイア教徒の町、上野。エキドナを求めて三千里。

どうも、NSTです。

 

速いもので10月も半分を終えましたね。着々と年末に向けて時は歩みを進めておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 

 

今日も真・女神転生のプレイ日記です。
※ネタバレ要素があろうかと思いますので気にされる方はご留意願います※

続きを読む

思わず人に話したくなる!?~明日から使える雑学用語3選~

どうも、NSTです。

 

最近洗濯機を買い替えたのですが、どうも排水がうまくいっていないのか、若干匂いが気になる今日この頃です。

 

さて、今日は思わず人に話したくなるような用語を3つご紹介します。

 

既にご存知の方も少なくないと思いますが、今後の話題の一つにでもなれば幸いです。

ちなみにいずれも「厨二病っぽい」という印象を受ける用語を選定したつもりです。

 

デーモン・コア

アメリカのロスアラモス研究所で各種の実験に使用されたプルトニウムの塊です。

 

ロスアラモス研究所は第二次世界大戦中に原子爆弾の開発を目的として設立され、広島に投下された「リトルボーイ」、長崎に投下された「ファットマン」を開発・製造した研究機関でもあります。

 

このデーモン・コアを使用した実験中に二度の臨界事故が発生しています。実験を行っていた科学者はいずれも1か月以内に死亡するという痛ましい内容のものでした。

 

現在では、他のコアを作成するために溶かされており、実物は存在していないようです。

 

ダークマター

別名「暗黒物質ともいいます。

 

「質量は持つが、光学的に直接観測できない」、要するに、目には見えないがそこにあるとされている、仮設上の物質です。

 

正直言って私の理解力で説明できる範疇を超えた理論上の物質ですので、「へ~、そんなものがあるとされているんだ」くらいに思ってください。

 

ちなみに宇宙に関する用語はこれ以外にも「ダークエネルギー」、「スーパーノヴァ」等いかにも厨二病っぽいかっこいいものが多いです。

 

アポカリプティックサウンド

2011年頃から世界各地で報告されている謎の不気味な音です。

 

その正体は電磁ノイズや地下からの音等、様々な推測がなされていますが、いまだ不明です。

 

オカルトマニアの間では「終末を告げる音」と言われている、なんてインターネット記事もありますね。

 

YouTubeで検索すると実際に試聴できますので、興味のある方は聞いてみてはいかがでしょうか。


ちなみに私は怖いので聞いていません。

 

こういう科学では証明できない事象が20世紀の今でも残っているということにロマンを感じますね。

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

「へー、こういうものがあるんだ」「今更な記事だなぁ」等いろいろな感想を抱かれると思いますが、ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

 

とりあえず、今日はここまで。

死んでも死にきれない!?~無念な死に方をした人物3選~

どうも、NSTです。

 

今回の記事は人の生死に関する内容のため、ご不快に思われる方もいらっしゃる可能性があろうかと思います。

 

閲覧の際はその点を十分にご留意願います。

 

さて先日、インターネットの記事でこんなニュースを拝見しました。

 

headlines.yahoo.co.jp

9月15日にアメリカのマサチューセッツ州で26歳の男性がサメに襲われて死亡してしまいました。

 

この男性はこの日にビーチでプロポーズする予定だったそうです。なんともやり切れませんね。

 

2017年9月にも沖縄県でプロポーズに成功した直後の男性が橋から落下し、死亡するという、これまたやりきれないニュースもありましたが、歴史を振り返るとなかなかに無念な死に方をなさっている方がいらっしゃるようです。

 

今日はそんな方たちの一部をご紹介します。

※亡くなった方々を嘲笑するつもりは一切ないことを予め記載させていただきます※

※人の生死に関わる内容ですので閲覧は自己責任でお願いします※

続きを読む

【ポケモンGO】コイツは逃がすな!~ジムバトルで活躍するポケモン達!~

どうも、NSTです。

 

最近、街中を歩いていると以前よりもポケモンGOにいそしんでいる人が増えたような気がします。

 

近所のジムも入れ替わりが激しくなっており、置いたポケモンが30分後に帰ってくるなんてこともつい最近ありました。

 

フレンドや交換機能とやいった人と関わるコンテンツが大幅に増えたことで、復帰者の方々が増えたことが原因でしょうか。

 

さて、今日はそんな活気の増してきたポケモンGOジムバトルで活躍する機会の多いポケモンを紹介したいと思います。

 

 

紹介するポケモン達はいずれもレアリティはそれほど高くありませんが、進化・強化には沢山の飴が必要になりますので、見かけた際は是非ゲットされることをお勧めします。

 

 

そもそもジム戦で使えるポケモンってどんなポケモンなの?

ずばり、かくとうタイプ「こおりタイプ」です。

 

現行の環境でジムに置かれることが多いポケモンハピナス、ラッキー、カビゴンバンギラスカイリューサイドン、ケッキングの7体です。彼らはポケモンGO界の七英雄といっても過言ではないでしょう。

 

これにギャラドスボーマンダサーナイトメタグロスシャワーズの5体を加えると、十二神将となります。

 

なります、といってますが、私が勝手に呼んでるだけです。異論はあると思います。

 

なぜ、この2つのタイプがお勧めかというと、 かくとうタイプ上記12体のうち、半数以上の弱点をつけます。

 

「こおりタイプ」カイリューボーマンダサイドンの3体しか弱点をつけませんが、強力なカイリューボーマンダが有する「ドラゴンタイプ」と「ひこうタイプ」の両方の弱点をつけるため、弱点をつかない場合と比較すると約2倍のダメージを与えることができます。

 

また「こおりタイプ」は「じめんタイプ」、「くさタイプ」の弱点もつけるため、ナッシーやゴローニャフシギバナ等のポケモンにも有利に戦えます。

 

こおりタイプ

タマザラシ

f:id:nst_happy_social:20181009233620p:plain

外を歩いているとコイツに出会わない日はないんじゃないか、というくらいよくでます。そして可愛いです。

 

最終形態のトドゼルガまで進化すると全く可愛くなくなりますが、タイプ一致で放たれる「ふぶき」の威力はすさまじいものがあります。

 

進化に必要な飴の量こそ多いですが、沢山出るため、飴も貯めやすいので、さほど苦も無くトドゼルガまで進化させられるでしょう。

 

シェルダー

f:id:nst_happy_social:20181009233738p:plain

 

以前はよく出たんですが、最近トンと見なくなりました。

一回進化させるだけで最終形態のパルシェンになれるため、少ない飴で強化できるのが嬉しいところです。

 

シェルダーにせよ、トドゼルガにせよ、進化させた際に「こおりタイプ」の技を覚えず、「みずタイプ」の技を覚えてしまったとしてもサイドンゴローニャドンファンと有利に戦えるため、あまり気落ちする必要はないと思います。

かくとうタイプ

ニョロモ

f:id:nst_happy_social:20181009233815p:plain

最終形態はニョロトノニョロボンの2つがありますが、私のお勧めは「みずタイプ」と「かくとうタイプ」の2つを有するニョロボンです。

 

ニョロボンが覚えるばくれつパンチ」は2ゲージ技で使いやすくダメージも高い優秀な技です。

 

ニョロモ自体も雨の日は良く出現しますので、進化・強化がしやすいのも良いところです。

アチャモ

f:id:nst_happy_social:20181009233845p:plain

今回紹介する中では最も出にくいポケモンでしょう。

 

ルビサファの御三家ということもあり、捕獲率も低いのですが、見かけた際は是非ゲットしたいポケモンです。

 

最終形態のバシャーモは「ほのおタイプ」と「かくとうタイプ」の2タイプを有するため、「フェアリータイプ」の技を効果抜群で受けることのない数少ないポケモンです。

 

進化させた際に「ほのおタイプ」の技を覚えてしまった場合でも、メタグロスに効果抜群のダメージを与えることができ、つぶしが効くのも良いところです。

ワンリキー

f:id:nst_happy_social:20181009233907p:plain

ポケモンGOで最重要と言っても過言ではないポケモン、それがワンリキーです。

 

最終形態のカイリキーがタイプ一致で放つ「ばくれつパンチ」、「インファイト」無しにCP3000越えのハピナスを落とすのは至難の業です。

 

全く出ないわけではありませんが、天候が曇りでないと見かけることは少ないです。

 

始めたばかり、復帰したばかりで何をしていいかわからないという方はまずワンリキーを捕まえましょう。そしてカイリキーに進化させましょう。

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

参考になった方も、当たり前じゃん!と感じた方も読んでいいただき、ありがとうございました。

 

とりあえず、今日はここまで。 

<クワイエット・プレイス>音を立ててはいけない世界。映画館で見るのがお勧め!

どうも、NSTです。

 

先日、こんな映画を観に行きました。

quietplace.jp

 

「音を立てたら、即死」

 

なんとも強烈な煽り文句です。

 

ジュラシック・ワールド 炎の王国」を観に行った際に、予告編がやっており、その時から気になっていました。

 

※下記のリンク先はネタバレ有のため閲覧は自己責任でお願いします※

nst-happy-social.hatenablog.com

 

今回はネタバレなしで感想を書いていきたいと思います。

 

続きを読む

【ポケモンGO】エスパーウィークの調子はどう?~シンオウ地方がいよいよ解禁!?~

どうも、NSTです。

 

10月6日からスタートしたエスパーウィークもいよいよ佳境に差し掛かりますが、皆様の調子はいかがでしょうか?

 

私の方はというと、なんとかしてスリープの色違いをゲットしたいと思っていますが、なかなか出てくれず、悶々としております。

 

 

エスパーウィークは来週15日(月)までのでため、ゲットできなかったとしても、「それはその時!」と割り切るのが精神衛生上いいかもしれないなぁ、と考える今日この頃です。

 

さて、昨年解禁されたルビサファの第三世代に引き続き、ダイパの第四世代のポケモン達が実装されることが決定しました。

headlines.yahoo.co.jp

 

私は中学生時代にルビサファを遊んで以来、本家のポケモンには触れてこなかったので、第四世代のポケモン達とはポケモンGOで初遭遇することになります。

少々気が早いもしますが、なんだかワクワクしてきているのを感じています。

 

私が是非ゲットしたいと思っているのは、ガブリアスルカリオの2体です。

ガブリアス

f:id:nst_happy_social:20181011230601j:plain

如何にも強そうな感じのするデザインです。シュモクザメのような頭部が素敵です。

 

調べてみたところ、ガブリアスは登場した当時の2006年から最新作のサン・ムーンに至るまで10年以上、最強クラスのポケモン扱いをされているそうです。

 

10年間第一線に居座り続けるとはなんとも恐ろしいポケモンです。

 

それよりも恐ろしいのは初代ポケモンが発売されてから既に20年以上経過していることでしょうか。

 

ルカリオ 

f:id:nst_happy_social:20181011231836p:plain

こちらは一転、強そうな見た目と可愛らしさを両立させたポケモンです。

進化させると可愛くなくなるポケモンが多い中、進化前の可愛さを維持していることから、大変貴重なポケモンではないでしょうか。

 

調べてみたところ、タイプは「はがねタイプ」と「かくとうタイプ」の2種類を有しているため、ハピナスやラッキー、カビゴンといったジムによく置かれるポケモンにも有利に戦えそうです。

 

 

さて、シンオウ地方ポケモンも楽しみですが、「ゲームバランスの見直し」も気になる情報です。

 

上記の記事では「天候の影響によるポケモンの出現率の変動幅が小さくなる」ことと、「ぼうぎょとHPの値を考慮してCPを見直す」ことの2点が記載されています。

 

天候による出現の影響が少なくなるということは、フィールドタスクの「天候ブーストを受けているポケモンをX匹捕まえる」が達成しにくくなったり、強風の時に出現率の上がる「ドラゴンタイプ」や雪の日に出現率の上がる「はがねタイプ」といった普段出にくいポケモンがより出にくくなるのかなぁ、という懸念をしております。

 

まぁ天候の影響が大きいと、大雪の日や台風の日でもポケモンGOをするために外出してしまう人が増えそうなので安全面からすると望ましいのかもしれません。

 

2点目のCPの見直しですが、これが行われると各ポケモンの強さが変動しそうです。

今までは弱いポケモン扱いだったのが一転、活躍できるようになったなんてこともあるかもしれません。ぼうぎょとHPに的を絞っているため、防衛に向いたポケモンが対象になるのでしょうか。

 

進化が続くポケモンGOから目が離せませんね。

とりあえず、今日はここまで。