Nobody Survive Tales

書きたいことをとにかく書いていきます。

【ポケモンGO】エスパーウィークの調子はどう?~シンオウ地方がいよいよ解禁!?~

どうも、NSTです。

 

10月6日からスタートしたエスパーウィークもいよいよ佳境に差し掛かりますが、皆様の調子はいかがでしょうか?

 

私の方はというと、なんとかしてスリープの色違いをゲットしたいと思っていますが、なかなか出てくれず、悶々としております。

 

エスパーウィークは来週15日(月)までのでため、ゲットできなかったとしても、「それはその時!」と割り切るのが精神衛生上いいかもしれないなぁ、と考える今日この頃です。

 

さて、昨年解禁されたルビサファの第三世代に引き続き、ダイパの第四世代のポケモン達が実装されることが決定しました。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

私は中学生時代にルビサファを遊んで以来、本家のポケモンには触れてこなかったので、第四世代のポケモン達とはポケモンGOで初遭遇することになります。

少々気が早いもしますが、なんだかワクワクしてきているのを感じています。

 

私が是非ゲットしたいと思っているのは、ガブリアスルカリオの2体です。

ガブリアス

f:id:nst_happy_social:20181011230601j:plain

 

如何にも強そうな感じのするデザインです。シュモクザメのような頭部が素敵です。

 

調べてみたところ、ガブリアスは登場した当時の2006年から最新作のサン・ムーンに至るまで10年以上、最強クラスのポケモン扱いをされているそうです。

 

10年間第一線に居座り続けるとはなんとも恐ろしいポケモンです。

 

それよりも恐ろしいのは初代ポケモンが発売されてから既に20年以上経過していることでしょうか。

 

ルカリオ 

f:id:nst_happy_social:20181011231836p:plain

 

こちらは一転、強そうな見た目と可愛らしさを両立させたポケモンです。

進化させると可愛くなくなるポケモンが多い中、進化前の可愛さを維持していることから、大変貴重なポケモンではないでしょうか。

 

調べてみたところ、タイプは「はがねタイプ」と「かくとうタイプ」の2種類を有しているため、ハピナスやラッキー、カビゴンといったジムによく置かれるポケモンにも有利に戦えそうです。

 

さて、シンオウ地方ポケモンも楽しみですが、「ゲームバランスの見直し」も気になる情報です。

 

上記の記事では「天候の影響によるポケモンの出現率の変動幅が小さくなる」ことと、「ぼうぎょとHPの値を考慮してCPを見直す」ことの2点が記載されています。

 

天候による出現の影響が少なくなるということは、フィールドタスクの「天候ブーストを受けているポケモンをX匹捕まえる」が達成しにくくなったり、強風の時に出現率の上がる「ドラゴンタイプ」や雪の日に出現率の上がる「はがねタイプ」といった普段出にくいポケモンがより出にくくなるのかなぁ、という懸念をしております。

 

まぁ天候の影響が大きいと、大雪の日や台風の日でもポケモンGOをするために外出してしまう人が増えそうなので安全面からすると望ましいのかもしれません。

 

2点目のCPの見直しですが、これが行われると各ポケモンの強さが変動しそうです。

今までは弱いポケモン扱いだったのが一転、活躍できるようになったなんてこともあるかもしれません。ぼうぎょとHPに的を絞っているため、防衛に向いたポケモンが対象になるのでしょうか。

 

進化が続くポケモンGOから目が離せませんね。

とりあえず、今日はここまで。